::パソコン回収業者は違法?。パソコンの無料回収・処分はライズマーク

  • トップページ
  • 迅速・安心・信頼のワケ
  • 回収できるもの
  • よくあるご質問
  • お問合せ
  • 回収を依頼する

パソコン無料回収のライズマーク
無料回収を依頼する。
依頼なしで直接送る。
ノートPC買取査定
メニュー

このエントリーをはてなブックマークに追加

株式会社ライズマーク( お問合せ )
東京都公安委員会許可
第305551009498号
〒112-0005
東京都文京区水道2-16-12-1階

パソコン回収業者は違法?

Q&Aサイトなどでたまに見かける、「パソコン回収業者への依頼は違法行為になるので、パソコンメーカーに回収を申し込みましょう」

これは本当でしょうか??

正解は、場合によりけりです。
ほとんどの場合は合法だが、回収業者によっては一部違法行為になっている場合もあります。


どのような場合に違法行為になるか

パソコンの廃棄に関係してくる法律は、主に「パソコンリサイクル法」と「廃棄物処理法」です。

まず、パソコンリサイクル法ですが、埋め立てられるゴミの量を減らす、資源を有効に活用するために、捨てられるパソコンは粗大ゴミに出せなくして、パソコンメーカーに回収・再資源化を義務付けた法律です。
この「捨てられるパソコン」という部分が重要で、回収業者に無料で引き取りしてもらうのは譲渡しているだけで、「捨てられる」に該当しないためパソコンリサイクル法上は問題ない行為になります。
ご友人に無料でパソコンをあげるのと同じことです。


次に、廃棄物処理法ですが、こちらは少々複雑です。
この法律は、廃棄物の回収や処分を行うことができるのは、廃棄物処理業の許可を受けた業者に限定して不法投棄をなくすこととゴミの量を減らすことを主な目的にしています。

では、回収業者に回収してもらうパソコンは廃棄物処理法の「廃棄物」に該当するでしょうか?
廃棄物に該当するかどうかの判断基準はいろいろありますが、主に「排出者(捨てる人)が費用を負担しているか」 で判断します。

当店のように、送料を含めお客様の費用負担が一切ない場合は「廃棄物」に該当しないため、廃棄物処理法上も問題ありません。



では、よくある「パソコン1,000円で引き取り」「出張料1000円のみ」「送料元払いで送れば処分費無料」などと一部費用がかかる業者はどうでしょうか?
この場合は「廃棄物」に該当しますので、その業者が廃棄物処理業の許可を受けていない場合は違法となります。

許可を受けていない業者に有料で回収を依頼する場合、違法性を問われるのは「業者」と「捨てる人」のどちらになるかですが、
・私的に使用したパソコンの処分を依頼:業者のみが違法(ただし業者が摘発される場合、警察などから利用履歴等の照会を求められる可能性もあります)
・事業で使用したパソコンの処分を依頼:業者だけではなく、捨てる人も違法性を問われる可能性があります

上記のような面倒や違法性を避けるためにも、完全無料回収の業者を利用しましょう。(当店も完全無料回収なのでご安心ください)

合法・違法を表にまとめてみます

文章で説明すると複雑ですので、上の説明を表にまとめてみます。

    パソコンリサイクル法 廃棄物処理法
廃棄物処理業の許可なし
送料・処分費一切無料(完全無料回収)
合法 合法
廃棄物処理業の許可なし
送料・処分費の負担が必要(有料回収)
合法 違法
しかも、費用がかかる
廃棄物処理業の許可あり
送料・処分費一切無料(完全無料回収)
合法 合法
廃棄物処理業の許可あり
送料・処分費の負担が必要(有料回収)
合法 合法
ただし、費用がかかる

当店の場合は表の「A」に該当し、合法に無料回収ができますのでご安心ください。

「タダより怖いものはない」といいますが、パソコン回収に関しては「タダの方が合法で安心」となります。

残念なことに、「B」に該当する業者が多いのも事実です。そのためQ&Aサイトなどでも回収業者は違法と言われてしまったのでしょう。


今現在、合法であっても、将来の法改正や解釈の変更などで「A」に該当する回収も合法ではなくなる可能性もあります。
そういった場合に備えて、当店では関連する法律改正のチェック、業界全体に対するチェックを行い、どのような方法なら合法で、安全・安心な無料回収を提供できるかを常に考えています。


無料回収を依頼する。
依頼なしで直接送る。